2005年11月23日

天皇問題

普段と違って文章が固いですがご了承を(;´д`)文章が拙いのは自覚してますハイ
あと、後半部分かなり説明を省いているのでとてもじゃないですが纏まった文章とは言い難いです。すみませんorz



↓本文↓

言ってしまえばこんな場末のブログでこんな問題取り上げたとしても然したる社会的意味も影響力も無く、取り上げる事自体おこがましいと若干思わないでもないこの問題。
さて、この問題は今こぞってニュース番組やワイドショーなどで取り上げられているので今更ここで説明する必要も無いとは思うが、天皇と歴史について簡単ながら確認しつつ話ていこうと思う。


先に断っておきますが、自分は天皇崇拝だとかそんな考えはこれっぽっちも無いので勘違いされないように。


 天皇とは
一言で説明すると日本国の象徴。
実権は無いものの、外交上諸外国でいう所の国家元首と相当の役割を担っている。
マスコミは天皇の外国訪問を報道したがらないが、天皇と総理大臣が訪問した時の待遇の差を見れば解る。礼砲の数、歓迎する人々の数共に歴然としており、そういう存在なのである。

※天皇という名の由来や歴史を書き出すと、とてもじゃ無いが描ききれないし纏めきれないので、興味を持たれた個々人で調べてみて下さい。結構面白いですよ。インターネットという凄まじいデータストレージ(情報庫)を利用しない手はありません。
が、それ故に入手できる情報量・質の差、情報格差が広がっている事が問題になってたりするのですがそれはまた別のお話。

 歴史
こちらが今回、一番の争点となっている部分でもあるし、守らなくてはならない部分である。
神武天皇を第一代とし、2000年近く前から125代の今上天皇に至るまで男系男子のみが皇位を継承してきた歴史がある。これは世界的に見ても歴史上日本だけなのだ。
だが、過去に女性として皇位を継承した方が8人10代居る。
何故8人で10代なのか説明すると8人中2人が重祚だからである。重祚=ちょうそとは同じ人物が二度皇位にのぼる事で、史上重祚はこの2例だけ。
しかしその8人全てが皇后や未婚の皇女であり、政治的な問題や血縁上の理由から男子の後継者を立てられないがために即位した人なのである。
要するに立場的に繋ぎの役割でしかなく天皇ではないのだ。
そして一番重要なのは「8人の例は皇室の直系で、皇后ないしは未婚の皇女。ただの夫を持った女帝は1人も居ない」点である。
つまり、天皇や皇太子以外の男子と結婚していた女帝は居ないのだ。
この問題を解決せずに女帝を認めるのは馬鹿げた事であり、そういう史実を知らずにただ何と無く男女平等だとかそんな程度の考えで賛成するなどありえない。
しかしそういう輩が居るのも事実で、馬鹿の極みであり無知とは罪である。
もし上記の問題を解決せずに女帝を認めてしまうと、天皇という存在・制度自体があってもなくてもいい様な、そんな存在に成り下がってしまう。

歴史があるからそこに伝統があり、それ故に尊く守るべき存在足り得る。

その歴史、伝統を蔑ろにしてしまえば過去に死んでいった英霊達はなんだったのか。何のために死んでいったのか。
確かにこの問題で現代社会における日本が今すぐどうにかなってしまうという事はないだろうし、これ以上に切迫した問題はそれこそ山の様にある。確かにそうだ。だがこの問題はそういう観点の問題ではなく、日本という国に住む日本人という根幹的な部分の、言うなれば人種的な問題なのである。
難しい問題でそう簡単に解決される事でもないし、明確な答えが出る様な事でもない。秋篠宮様が皇位継承されれば良いという話も出ているが、細かい説明は省かせてもらうが秋篠宮様は殆ど他人同然な程遠い血筋・家柄に当るのでそれも難しかったりする。
どこから解決の糸口を導き出すか、現状かなり難しい状態であるのは少し調べただけでもわかる。
だが、有識者とか自分でのたまう様な無識者が内々で、しかも高々30時間やそこらの会議で結論を出せる問題じゃ無いのは確かだ。とてもじゃないが、慎重な議論の末の判断とは思えない。
男子が生まれても継承されないなどと何考えてるのか訳がわからないし、男系に拘らないなんて有識者が出す結論じゃない。どれだけ天皇をいう存在を軽視した結論を出してるのか本当に有識者なら言われずとも解ろうものだろう。
それこそ国民投票にて国民の総意を求めておかしくない問題であり、それを行わず内々での結果だけで決定するなど民意無き国は国に非ずである。

自分1人の考えで日本人とのたまう事の愚かさは重々承知の上であえて言おう。
日本人として譲ってはいけない最後の一線があると思うんだが、明らかにこの問題(有識者会議で出た結論)は越えてしまっている。

そうは思いませんか?と言いたい気持ちですがそういう問題でも無いので少し冷静になって、そして自分の意思で少し調べてみて下さい。それだけで見る目が絶対変わってきますから。












嗚呼もうあれだ、愛子様をオヤジが孕ませればいいんだ。ほらこれで万事解決!(最低のオチ



☆コメント返信☆

◆柳さん
おお凄い!本当に斜めにみえ・・・・・・ないんですけど…(;´д゚)アレェェェ
うちの目おかしいのかしら…

打ったね?!父さんにも打たれた事無いのにっ!!
そこまで言うなら旅費なんてチンケな事言うなと激しく、しかしはっきりと言いたい('A`#)人殴っといてプンスカプンプン


フィデルさん
もし女人禁制だったら巫女さんが見れなくなる=靖国に行く価値が無くなっちゃいますよ(ぇ

どこをどう斜め読みしたのか詳細きぼんぬと言いたくなるくらい凄い読み方ですね☆ …_| ̄|○……


侍さん
いやだから女性に抱きつけたら本望ですけどって書いてますやん!出来ないけど!やらないけど!

夜に靖国行っても能舞台とか見れないんじゃないの?wwwwダメポwwwwwww

そしてリンクHOOOOOOOヾ(゚д゚)ノ"


こりくさん
わかるよね!わかるよねー!
いや、その表現でも間違っちゃいないと思うよヽ(´ー`)ノそしてお手軽にギューって出来る人が居ない者同士ギューっとしあいませんk(銃声
しかしねことか萌え萌えじゃありませんか…うらやますぃ(ノд`)ぎゅーっとしてくるとか…萌え過ぎる

今回は…ネコ差分だけ負けって事にしといてやる!(;`д´)覚えてやがれー!




返信に顔文字多いのは本記事で全然顔文字使えなかった反動だと思って下さい。
関係無いけどこの記事の投稿時間は05:10となっていますが実際に完成稿に至ったのが07:30、修正だなんだと三時間近く掛かってたり(;´д`)ハァハァ
posted by 悠 at 05:10| Comment(7) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この…鬼畜!

とはいえ、日本人の美学って”意地”だと思うんですよね。
時に卑屈にもなりますが(苦笑 
基本的には崇高な一本筋。

まぁ、またひとつ日本を好きになれない理由が増えるだけかなぁ…。
Posted by 侍 at 2005年11月23日 10:28
やー、だって男だけで行かないと英霊に申し訳ないからーっていうからサー
Posted by フィデル at 2005年11月23日 14:51
Posted by 柳 at 2005年11月23日 17:54
現在の問題は現状回避の緊急処置を明文化しちまおうと言う論点で作られた話なんで、説明無しでいきなり飛躍してる点では同意。

故に「女性天皇」と「女系天皇」の差が解ってない人は多数居るんじゃないかと(’’

そもそも、現状皇室で男系が存在しない事自体が今抱える最大の問題な訳で。

男系天皇しか認めないとすると、奇蹟が起こるか滅私奉公で生産活動(表現は適切じゃないけど)に励んで貰うしか皇室を存続できないってのが最大の問題として根底にあるよね。
四十余年も男児が生まれてないってことが最大級の危機を招いている訳です。

世間一般の認識からすれば「女性天皇」には賛成できるけど「女系天皇」ってナニ?って人が圧倒的多数なのも話が混乱してる原因でしょ。

この先男児が生まれないとして、残る最終手段は戦後処理で皇籍を除籍された8宮家53人の子孫からで有れば男系を強引に存続することは可能だけど、60年以上一般人として生活し、しかも除籍された当代の孫の代に当たる「一般人として育ち、生活してきた男子」を皇族と認められるかの論議にも触れなくちゃいけなくなってくるっしょ。

どっちにしても原因が原因だけに根っこが深く、問題の本当の意味が大衆に認められていないのが現状の最大の問題ですな(’’

緊急避難としての「男系女性天皇」に反対する人はそんなに居ないと個人的に思ってますが、その先に男系が途切れる問題を解決できない限りは何らかの処置が必要になってくる。

ま、現状の問題点を暈かしてなし崩し的に進められてる現状案には賛成しかねるってのは賛同できますが(’’
Posted by StrayCat at 2005年11月23日 19:39
自己レス

8宮家じゃなくて11宮家だったっけか・・・(’’;
Posted by ねこぉ〜 at 2005年11月23日 19:48
Posted by phentermine at 2006年02月21日 03:15

この記事へのトラックバック

皇室典範改悪を疑問に思っている人々
Excerpt: 御先祖さまが守り続けてきた、世界最古の王朝がいま、断絶させられようとしています。歴史にも伝統にも無関心・無知識な少数の人たちが密室での会議で重大な決定をしてしまいました。 私には 「法隆寺を燃やせ」..
Weblog: 日々雑感
Tracked: 2005-11-23 22:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。